さまざまな工夫のできる出産祝い

出産祝いをおくることになったとき、まだ自分に子どもがいない場合は、なかなか何をプレゼントすればよいか、思いつかないものです。ベビー服ならだいたいは喜ばれますが、とにかくサイズ選びが難しいものです。デパートのベビー服売り場など出産祝いを購入できる店舗で、スタッフに月齢を伝えて聞けば、ある程度はおすすめのサイズなどが分かりますが、赤ちゃんによっては月齢の標準よりもずっと大きかったり、小さかったりすることもあります。大きめのサイズを選べば安心ではありますが、赤ちゃんは月齢や発達よって、着る服の種類が変わります。まだねんねのころは前開きのつなぎの服だったのが、おすわりができるとかぶりの服を着ることができるようになりますし、ハイハイなどをするようになり、成長してくると、上下の分かれた服を着せるようになってきます。

まだねんねの頃にまた季節によっても、洋服の厚さや素材なども、ママはこだわりたいものです。ベビー服選びの際は、できるだけ最近の赤ちゃんの写真を店員さんに見せて相談に乗ってもらったり、実際に相手にどんなものがいいか希望を聞くと、失敗が少ないでしょう。出産祝いは他にも、離乳食の食器セットや、オムツをケーキのようにかわいく形作ったものや、赤ちゃんのおもちゃなど、様々なものがあります。例えば、赤ちゃんが泣き止むと評判の、お母さんの胎内の音が出るぬいぐるみや、赤ちゃんの手形や足形を写真立てのようにして記念にできるもの、もう少し大きくなってから使う読み聞かせの絵本や、外出先でぐずった時に使える音のなる絵本などもおすすめです。また、赤ちゃんの名前が入れられるスタイやリュックなどもきっと喜ばれます。他にも、赤ちゃんのものではなく、出産したお母さんのためのものもとてもおすすめです。授乳中は、紅茶やコーヒーのカフェインも気になるものです。ノンカフェインのコーヒーや、ハーブティーなどのセットはきっと喜ばれます。また、赤ちゃんが産まれるとなかなか自分のことに手が回らなくなるママのために、おしゃれなマザーズバッグや、母乳育児をしているママには授乳が楽にできる授乳服や外出先でも授乳ができる授乳スカーフなどを、インターネットで検索してみてください。

いろいろなデザインのものがありますから、似合いそうなスタイリッシュなものを選んであげてください。マザーズバッグは、とにかく軽くて、汚れに強く、大きくて持ちやすいものを選んであげてください。ぜひ色々検討して、素敵な出産祝いを選びましょう。

Blog Home