喜ばれる出産祝いを贈りましょう

女性にとって、人生のメインイベントはやはり結婚と出産だと思います。どちらもお祝い事ですが、結婚の場合はほとんどが結婚式に現金を包んでご祝儀を持っていくという形でお祝いをすませることができます。ですが、出産祝いは現金を包んでご祝儀として渡すのは身内くらいで友人の出産祝いを現金ですませる人はあまりいません。現金は確かにもらう側にとっても助かりますが、金額がはっきりわかってしまいますし、味気なさを感じてしまうのは事実です。でも、相手に本当に喜んでもらえる出産祝いを贈ろうと思うとなかなか難しいものです。出産祝いで一番、多いのはベビー服かと思いますが、やはり服は好みもありますし、せっかくもらっても赤ちゃんの成長は早くあっという間に着れなくなってしまいます。着れなくなったからと言って、せっかくお祝いでもらったものを捨てるのもためらわれて、タンスの肥やしにしてしまう人も少なくないと思います。

おもちゃも同様で、長く遊べるおもちゃというのはなかなかありませんし、おもちゃの好みは親というよりも遊ぶ子ども本人が気に入らなければ使ってもくれないので、これも本当に喜んでもらえるお祝いにはあまり向いてないかもしれません。出産祝いを贈る本人に、欲しいものを聞いてあげるのが一番ですが、それが出来ない場合には、個人的には絵本や映画のDVDなどがおすすめです。色づかいの綺麗な絵本なら赤ちゃんのうちから見ても楽しめますし、読み聞かせは親子の大事なコミュニケーションです。子どもが文字を覚えて自分で読めるようになるまで長い間、十分に楽しめます。映画のDVDも同様です。子供向けのアニメ映画でも、大人が観ても絵が綺麗だったり音楽が素敵だったりするアニメ映画なら小さいうちは絵や音を楽しみ、アニメの内容をきちんと理解して観るようになるまで何回でも楽しめます。本やDVDなら置き場所もとらないのでもらった側の負担にもなりませんし、性別も選ばずにあげられるところもいいですね。また、出産祝いとなるとどうしても赤ちゃんのものと考えがちですが、出産をねぎらう意味をこめてママに何か贈るのも良いかもしれません。ちょっと贅沢なスイーツとか、美味しい紅茶など赤ちゃんのものだけではなく、その人の好みにあわせてママにも贈ってあげると喜ばれますよ。

特に、子どもも2人目、3人目になると大体のものは揃っているし服もお下がりが沢山あったりしますから、出産祝いイコールベビー用品ではなく産んだママに向けてのお祝いとして選ぶことが本当に喜んでもらえるお祝いを贈るコツです。

Blog Home