覚えておきたい出産祝いの贈り方。

新しい命の誕生と出産の苦労をねぎらう意味もこめておくる出産祝い。この出産祝いにはさまざまな贈り方があります。出産祝いを贈る時期は出産後です。間違っても出産前に出産祝いを贈らないようにしましょう。出産にはさまざまなトラブルがつき物です。出産前にお祝いを渡すと、出産へのプレッシャーとなる可能性もありますし、万が一のことがあった場合には相手に失礼になる以外に、大変不快な思いをさせてしまう可能性があります。また、赤ちゃんが生まれるとすぐに会ってお祝いし、赤ちゃんのお顔を見たいと思うかも知れませんが親戚やよほど親しい間柄でない限りは産後すぐにお祝いを持参したりしません。赤ちゃんとお母さんが無事であることを確認した後、産後1週間から1ヶ月ころを目安にお祝いを贈るようにしましょう。また、直接お祝いを持参する際には相手の都合を確認してから伺うようにしましょう。

産後のお母さんは出産後の疲れで大変疲労しています。また、慣れない育児で睡眠時間が大幅に削られていたり、昼夜逆転の生活をしている可能性も考えられますので直接お祝いを持参する場合には短時間で済ませるようにしましょう。お祝いには現金を贈る場合と品物を贈る場合がありますが現金を贈る場合は、白赤の蝶結びの水引のついたのし袋をしようします。表が気には御出産御祝や祝御出産などと記入します。金額は贈る側の年齢と相手との間柄によって金額には幅がありますが、一般的には5000円から10000円が相場と言われています。あまり多くの金額を包んでしまうと、受け取った相手が困惑してしまう可能性もありますので、一般の相場と相手との関係を考えて包むようにしましょう。お祝いの品を送る場合には、すでに準備されているベビー用品を贈っても扱いに困るだけですので、必要な品などを聞いてみるとよいでしょう。ベビーベットやお宮参り用の着物などは身内から贈られることが多くありますので、身内でない場合には避けたほうがよいでしょう。友人の場合には、ベビー服や絵本、最近ではオムツケーキなどが人気です。また、赤ちゃんにだけではなく出産を頑張ったお母さん宛にマザーバックや記念のアクセサリーをプレゼントするのも喜ばれます。

生まれてきた赤ちゃんに兄弟がいる場合には、兄弟と一緒に使える品物をおくるというのも喜ばれますので、お祝いをする相手の家庭環境に合わせた品物を送るようにするとより喜ばれます。

Blog Home